結婚はそれなりの覚悟と準備が必要

看護師は、一般的に精神的にも肉体的にも厳しいといわれている職業です。女性看護師が結婚をすることになった場合、それを機に仕事をやめてしまえば、女性の家事負担はそう重くはありません。しかし、そのまま仕事を続けていくとなると、仕事と家事の重圧が女性1人に覆いかぶさってしまうことにもなる可能性があります。
それには、結婚前に家族全員で家事を負担するという約束を取り付けることが大切です。もし、協力的でないパートナーだとわかっているのであれば、きっぱりと仕事を諦めてしまうか結婚をやめてしまうという道も考えてみましょう。もしそれができない場合は、残念ながら女性に相当な負担がかかることを覚悟しなければなりません。体力に自信があるという人も、長い間休む暇がない暮らしをしていると、やがて体が悲鳴をあげる時がきます。そうならないためにも、パートナーになる人とじっくりと話し合うことです。生涯、共に良い家庭を築けるように、お互い50%ずつの関係でいることが大切といえます。
そして、仕事を持つ女性が次に乗り越えなくてはならない大きな山は、子育てです。子どもが小さいうちは、母親でなければ子どもにしてあげられないことがたくさんあります。昼間は保育園で預かってもらえたとしても、それ以外の時間は十分に母親の愛情を与える子育てが必要です。それには、仕事か子育てかを選ばなくてはならない時もあるでしょう。子どものためにも、子育ての方を選べるような職場環境や人間関係を早めに作っておくことが重要となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です